生命保険と税金(満期保険金)とは...生命保険と税金(満期保険金)情報の紹介!

生命保険の選び方・加入見直しナビTop >  保険と税金 >  生命保険と税金(満期保険金)

生命保険と税金(満期保険金)

【生命保険と税金(満期保険金)】
『養老保険』や『こども保険』などの満期保険金のある生命保険の、満期保険金の受け取りにかかわる税金は、@所得税 A贈与税 です。これも、契約者、被保険者、受取人が誰になっているかで、かかる税金は異なります。

@被保険者は誰でもいいですが契約者と受取人が同じ場合…所得税がかかります。
このとき「(保険金受取額−支払生命保険料総額−50万円)×1/2」 という計算式で求められた額が一時所得金額と見做され、他の所得と合算されて所得税がかかります。

A被保険者は誰でもいいですが契約者と受取人が異なる場合…贈与税がかかります。
贈与税の計算式は「保険金受取額−110万円」となり、控除できる額が少なくなります。また、贈与には高い累進税率が適用されますので、できれば避けたい加入方法です。例えば『こども保険』で満期金受取人を子どもにしているなら、満期金を受取ったとき、子どもに贈与税がかかりますので、受取人を契約者に名義変更しておくといいでしょう。

『養老保険』でも満期が5年未満のものや、加入してから5年以内に解約した場合は、預貯金と同じ扱いとなり、「満期保険金受取額−支払生命保険料総額」に対して、20%の分離課税が課せられるので注意が必要です。

保険選びで迷ったら??
今最も支持されている保険はこちらです。
ライフステージ毎に保険を見直さないと損しますよ!

保険と税金

保険と税金の関係について説明しています。生命保険の税金や控除額・保険金の受け取りなど・・・

生命保険と税金(満期保険金)関連エントリー

生命保険と税金 生命保険と税金(満期保険金) 生命保険と税金(死亡保険金) 上手な保険金の受け取り方 生命保険料・損害保険料の控除額 保険金受け取りと税金 保険料控除で税金還付 個人年金保険の税金 満期保険金の税金 死亡保険金の税金 死亡保険金受け取りの変更 保険金に贈与税がかかるケース 個人年金保険と税金 死亡保険金と所得税 相続税と生命保険の非課税枠 生命保険の税金 保険金や給付金も課税対象 保険料は所得控除の対象